高橋新吉『ダダイストの睡眠』
other
5e986883bd21785500aa74ff 5e986883bd21785500aa74ff 5e986883bd21785500aa74ff

高橋新吉『ダダイストの睡眠』

¥2,600 税込

送料についてはこちら

*消費税不要、送料小社負担、本体価格のみでお届けします(在庫数に達した段階で終了となります)。 *附録として、『燃えるキリン 黒田喜夫詩文撰』初版特典のミニ詩集「除名」(16頁)をもれなく封入します。    私は今肺病で死に掛けている。蓄膿症の膿は喉を流れて、胃の腑に這入るので、血液は濁るのである。  手も足も痺れて了っている。  彼は今日も、本屋から本を掻払って、それを古本屋に売り払って、それで焼芋か鯛焼を買って、持って来て呉れはしないか。  彼が貧困な社会思想を持っている男である。  「道かと思い、    行けば大きな門じゃった」  私は彼の事ばかりを書いたのではないかも知れない。    ――「生蝕記」より     「僕は貴兄を結果的にというよりも過程的に見て大好きなのです。」(中原中也) 「彼は明治大正を通じて芸術史上に於ける著しく特異な個性である。」(佐藤春夫) 「高橋新吉の詩人としてのえらさは,彼の詩の背景に禅があったり、ダダがあったりするからではない。むしろそんなものは彼の詩的天才に害毒にさえなる。」(西脇順三郎) 現実と内面、正気と狂気のあわいを超えた、詩的言語の実践。『ダダイスト新吉の詩』(1923)によって一挙に《現代詩》を到来させた日本最初のダダイスト、高橋新吉。虚無思想と禅を基盤とし、時代と社会を超越した14編のほか、解説および略年譜を収録する。 菊変判並製264頁/2017年8月刊 目次その他の本書の詳細は、以下のサイトをご覧ください。 https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784907986230 *発送は、日本郵便の「ゆうメール」になります。